2010年01月14日

「経済界の思い、代弁」=菅財務相の為替発言で鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は8日午前、菅直人副総理兼財務相が会見で「円安が進めばいい」と発言したことに関し、首相公邸前で記者団に対し「経済界としては、という思いで基本的に申されたことだと思っている」と述べた。また、首相は「為替というのは安定が望ましいわけで、急激な変動は望ましくない」との認識を示した。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

クレジットカードの選び方
p407330vのブログ
携帯ホームページ
無料ホームページ
債務整理
posted by ヨシミ コウサク at 12:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。